毎日元気でありたい人に贈る水素サプリメント大全

血糖値抑制

血糖値の上昇を抑えて、糖尿病を予防してくれる水素の働きを解説しています。

活性酸素の影響で血糖値が上がるしくみ

水素の働きで糖尿病を予防活性酸素は、糖尿病をはじめとする生活習慣病の発症と深い関係があると考えられています。糖尿病は血糖値の上昇した状態が続くもので、それによって様々な合併症を引き起こす可能性もある怖い病気です。

血糖値を上げる原因の1つが、細胞内のミトコンドリアでブドウ糖からエネルギーを産出するときに発生する活性酸素です。この活性酸素がミトコンドリアを変性させることがあり、その結果、エネルギーが作られなくなって、ブドウ糖も使われずに余ってしまいます。

また、体内で過剰に発生した活性酸素が、すい臓のランゲルハンス島という部分にあるβ細胞を攻撃することも、血糖値の上昇につながります。すい臓はインシュリンを産出する大切な臓器ですが、活性酸素によって細胞がダメージを受けることで、インシュリンの産出量が減ってしまうのです。

このようなメカニズムによって、血液中のブドウ糖の量が増えて血糖値が上昇するため、糖尿病を引き起こす原因になってしまいます。さらに、過剰なブドウ糖は全身の組織や臓器で反応を起こし、活性酸素を発生させて様々な細胞を攻撃します。それによって、網膜症や腎不全など様々な合併症の発生につながる可能性もあるのです。

水素の抗酸化作用が糖尿病を予防

血糖値上昇や糖尿病を引き起こす原因と考えられている活性酸素。これに対抗する成分として、強力な抗酸化作用のある水素が注目されています。体内に吸収された水素には、有害な活性酸素を還元して、体外へと排出させる働きがあるのです。

水素を摂ることで、細胞内のミトコンドリアや、すい臓のランゲルハンス島にあるβ細胞を活性酸素から守り、血糖値の上昇を防ぐ効果が期待できます。血糖値を抑制することで、糖尿病の予防にも役立つでしょう。