毎日元気でありたい人に贈る水素サプリメント大全

高血圧予防

高血圧を予防してくれる水素の働きや、血圧が上がることによる健康リスクについて解説しています。

動脈硬化を進行させる活性酸素の悪影響

高血圧を予防してくれる水素の働き活性酸素は、血管に悪影響を与えて、動脈硬化や高血圧などを引き起こす原因になると言われています。

動脈硬化は、血管の内側に脂質などが蓄積して、血管が硬くなってしまう状態です。動脈硬化が進むと、血管が細くなって血圧が高くなったり、血管がもろくなって破裂するなど深刻な事態になる可能性もあります。

活性酸素は、血液中の悪玉コレステロール(LDL)を酸化させ、変性させてしまいます。すると、マクロファージという免疫システムが、変性したLDLを異物と判断して取り込みます。変性LDLを取り込んだマクロファージは、脂肪分を多く含んだ変性マクロファージとなって、血管の内側の壁に蓄積してしまうことに。このようなメカニズムによって、血管が狭く、硬くなってしまうのです。

水素の抗酸化作用で高血圧を予防

水素は、活性酸素が血管に及ぼす悪影響に対抗する成分として注目されています。水素には、有害な活性酸素を還元して体外に排出させる、優れた抗酸化作用があるのです。過剰に発生した活性酸素を取り除くことで、血管の老化を防いで、動脈硬化や高血圧を予防する効果が期待できるでしょう。

また、動脈硬化の他にも、様々な生活習慣病に活性酸素が関係していると言われています。そうした生活習慣病の予防にも、水素の抗酸化作用が役立つでしょう。手軽に取り入れられる水素サプリメントなどを活用して、健康をサポートしてみてくださいね。